2017年4月25日火曜日

ねずみアタック


帰国して1週間たちますが、 帰って来て荷ほどきよりまずやらなければいけなかった事が。



遡ること1か月前。



家の廊下で1匹の小さなネズミを目撃した。

電気を付けたとたん一目散に逃げて行って、それから見かけることはなく数日後には
日本へと旅立ったのだった。


帰国した翌日。

廊下にあったドライフラワーの束が荒らされていて、よく見ると麦の穂が食い荒らされていた。

そしてマーがトイレでネズミを目撃した。

「まだいたか。。。。」


家の中のどこかにいると思うだけで、気持ちが悪い。


その日の午後になって、日本で買い込んできた食料品などをしまおうと、 ストックルームに
入ったら、ただらなる悪臭と食料品が荒らされた形跡が。

怖すぎてマーをすぐさま呼んで来て、半開きのままだった扉付きの棚など全部開けてもらう。


小麦粉のストック7袋は、もれなく1袋ごとに小さな穴をあけて食いついたあとがあり、煮干しは
胴体だけ食べて頭は食べず散乱していて、鰹節とか海苔とか、乾物系が根こそぎ持ってかれた。

ちっとも手を付けないモノもあり、そういうのって味見もしないでどうやって見極めているんだ
ろうとか。。。

米とか大豆とか全然手を付けてなくて、コーヒ豆は食べてたり。

なかなかグルメなんだな、ネズミって。

って、おい。


このごちゃ混ぜに開封された食料品がかもし出す何とも言えない匂いと、糞尿そして獣臭さ。

帰って来て早々、涙がでるほど凹みました。

しかし放置するわけにもいかず、黙々と片づけた。


被害はうちだけではなく、お二階さんのところにも数日前から現れていたらしい。

なので、トラップを仕掛けていたけど、「殺してしまうには可哀想すぎる」と言って
今まで掛かった3匹のネズミを、リリースしたらしいのだ。

お気持ちはわかりますけど、バカですか??

それが全部うちに来て、あの有様で。

マーはいきり立って、お二階さんのトラップを計四つ争奪してきて、ストックルームと廊下に
仕掛た。

翌日、4匹を見事に捕獲。

そしてその翌日からも1日1匹づつぐらいかかっていて、5日間で8匹、そして今もネズミとりの
箱の中に2匹いるという。(1匹は死んでいる)

どんだけネズミ屋敷なの(泣)

キモすぎる。



こんなに多発するのは初めてだけど、今まで出なかったのが不思議なくらい。
家の中でなんて、見たこともなかったし。

きっと最近住み着いた奴らなんだろうな。


それにしても、いったいどこから入って来てるのか?

穴という穴は全部塞いだと思ってたのに、まだまだいるみたいで。

あんなちっこいやつらにビクビクしながら生活しています。


くり坊君は、捕まったネズミを見ては「tief schlafen」、深く眠っているんだねと言っています。

前に庭で猫が殺めた野ネズミの死骸を見つけた彼に、とっさに私が「寝てるから起こさないで!」
と言ったことがあって、その姿を覚えているんでしょう。

死ぬとか殺すとか、そういうのは子供に何て説明すればいいんだろうかと、そんなことを
考えるきっかけにもなってる今回のネズミ騒動。


願わくばもう出てこないでほしいけど、春だし、繁殖の季節だし、やっぱ数家族いるのかな。

2017年4月22日土曜日

行って来まして、帰ってきました。



ご無沙汰してます。

思い返せば、今年になってからぶり返してる風邪がずーと長引き、体調不良、特に食欲不振
のまま、3月下旬から日本に帰省してました。

とにかく具合が悪く、全然楽しみじゃなくて、日本でも寝込むことになるのかと思いつつも
なんとか回復し、最終的には楽しい滞在になった、、、、かな???

いや、途中で食欲が戻って来て、暴飲暴食の末、一週間ほど激しくお腹を壊したりしてて、
苦しかった。。。

そんなこんなで今回、連絡さえできなかったお友達の皆皆さま、また今度遊んでくださいなー。



東京の桜が満開の時期に帰ったのは、日本を出てきてから初めてかも。

去年は地方を回っていて、近所の見事な桜並木は結局見れなかったからな。

3月下旬は寒かったけど、やはり春の帰省は良かった。

家族でお花見もできたし。

 
井之頭公園。30分並んでボートに乗ったり。

友達が住む多摩市のなんとか公園。

 今回の帰省は、マー先生も一緒だったんだけど、彼は今日本の大学とあるプロジェクトに
取り込んでおり、平日はずっと仕事をしていて、休みは週末のみ。

なので私は、平日くり坊くんと朝から晩までほぼビッシリ一緒にいることになり、正直言って
それがけっこうキツかった。

あのヤンチャ盛りで、もうすぐ3歳時の有り余るエネルギーは、ドイツでは幼稚園で発散してるけど
日本ではほぼ私が受け皿になる。

幼稚園のありがたさが身に染みたというか。

毎朝起きて、彼のパワーを今日はどこに持ってゆこうか、そんな事を考えることから1日が
始まり、目いっぱい遊んで気付いたら一日が終わってる事が多かった。

しかも、毎日朝から晩まで一緒だからか、坊の「ママ好き好き度」が日に日に濃度を増して行き
ついには「パパ嫌い、あっち行け」で、私としか昼寝しない、夜も寝付けない、という状況に
なってしまい、余計に私の時間もなくなってゆき。。。

ちょっとイライラすることも多かったかな。

行きたかったとこ、会いたかった人、やりたかったこと、見たかった映画などいっぱいあったけど、達成率20%ぐらいってとこでしょうか。

次回は50%を目指そうぞ。

君だよ、君。いきなり道のど真ん中で本を読みだしたりして、母困惑。


毎日がホントにダダダダダダーーーーーと過ぎてゆき、あっという間に1カ月が過ぎていった。

写真もろくに撮ることもなく。。。


最後は同じみ、〆のキャンプ。

奥多摩の先の先の高原へ。

ここでもくり坊のママラブ変てこなテンションがコントロール不能になり、みんなには迷惑かけた。

いつからこんななっちゃったんだろう。
これが俗にゆうイヤイヤ期というやつなんだろうな。

想像以上に、ムカつく (笑)

母よ、落ち着け!!

自分に何度も言い聞かせたっけね。(今でもだけど)


ま、くり坊君も色々慣れない状況で、不安やストレスもあったんだろうな。

だから私に全力で甘えてきて、ことあるごとに愛の告白をして、そして困らせる事をわざとして
心を繋ぎ止めておこうと必死だったのではないかと思うのですね。

そんなのも今だけだと思えば、乗り越えられます。


滞在中の色々は、後程ぼちぼち書いてみたいと思います。



さて


水曜に帰国して、高速道路を走ってると、吹雪に見舞われました。

どうなってんだ、ドイツ。

翌朝自宅で久々の朝を迎えると、窓の外には



チューリップに雪が積もり、もうすぐ5月だというのに、薪を運ぶ日々が始まりました。

そんなんでも、やっぱり我が家が一番落ち着くー。