2015年9月26日土曜日

リンゴ狩り2015

今日はジュース用のリンゴを取りに行った。

うちから車で30分ぐらいの所。

知り合いのハリーおじさんが所有する広大な土地のそこら中になっているリンゴの木。

放置されてるだけなので、毎年とらせてもらっている。

けっこうな仕事なので、今年も両親と一緒に。






 



梨もあるよ

 

去年来た時もちょうど今と同じ時期で、くり坊は生後3か月。
まだフニャっとしてて、激しくカワイイ芋虫期だった。





1年後。

1歳3か月の坊。

いっちょまえにカゴを持って、リンゴかじりながらウロウロしていた。

最近ようやくちゃんと歩くようになり、ブームは箱とかカゴを持ち上げて運ぶこと。

いっつも何かを運んでいる。


          

ますます人間化が進んでる今日この頃。

毎日毎日笑わせてくれます。



そういえば今日久々に話したハリーおじさんに

「君のドイツ語、まあ随分とキレイに訛ってるねー」と言われた。

褒め言葉なんだろうか?

訛りとはこの地方の方言の意味で、そう言われても、私としてはあまりうれしくない。

いや、方言は方言で美しい文化だと思うんだけど、私も無意識にあんな風に話してるのかと
思うと、ちょっとイヤだわ。

この地方のドイツ語はホントに酷いのだ。



さて、今日の収穫は200キロぐらいはあったかな。あってほしいな。

2週間程寝かせてから、搾りにいってきます。

2015年9月25日金曜日

ハーブの棚



 
キッチンにハーブの棚をつけてもらった。
 
この棚の上がいつも庭でとってきた葉っぱとか種だらけで、どうにか整理したいと思って
早1年。
 
I〇〇Aとかの、ペラッペラの安い棚は絶対いやだったので、フリマに通っていいやつを見つけ
ようと思ってた矢先、実家の倉庫にちょうどいいやつが眠っていたという。
 
いい感じのサビレ具合で、ちょっと電動ヤスリできれいにしてあげてここに復活。
 
 
ついでにお茶とか、トースターとかパンのカゴとかも全部まとめてみて、使い勝手がよくなった。
 
 

ハーブがこうやって見える位置にあるので、最近色々組み合わせを変えてはハーブティーを
良く飲むようになった。

実はここに収まらないぐらい他のハーブもまだまだあって。

もっと欲を言えば、ハーブと薬草の棚で囲まれた小さな部屋が欲しいところ。

画像はお借りしています

そんな日がいつか来ることを願って、無駄に小瓶とか缶とかを集めていこうと思います。
 

2015年9月19日土曜日

晩夏のいろいろ


9月も後半に差し掛かり、秋の日差しが気持ちいい今日この頃。

携帯がぶっ壊れて、頭がチリチリになっております。

私のくせにスマホなんぞ持ったのがいけなかったのか。

そもそも買った次の日ぐらいに画面にヒビを入れてしまい、その後2度スクリーンを自力で
変えて、1年は持ったかな。

一昨日の夜に、突然ウンともスンとも言わなくなり、あの手この手を尽くしたけどダメだった。

ノキアくん。4代目。

私、日本にいるころからのユーザだったのに、あなたのこと好きだったのに。。。
この壊れ方はひど過ぎる。
こんな形でお別れしたくなかったけど、金輪際ゴメンだ、ノキアくん。

ということで、新しい携帯探しやらなんやらで、色々なことが進まない。


思い返せば先週は、日本からお友達が二人遊びに来ていて、水曜に帰っていってしまった。

この10日間、1日も空けずに夜と、そしてたまに昼からお酒を飲んでいたな。

ベルリンも行ったし、シリアご飯のイベント、サイクリング。

短い間だったけど、楽しすぎる時間がギュッと詰まった日々だった。

その辺のことは二人が撮った写真を入手してから色々書きたいなーと。



そしてその二人が帰ってからは、またまたいつもの日常へ。

お庭の仕事もたまっていて。

さみしさを紛らわすため、お外で仕事仕事。

花梨がたわわになってきた。










ことし大豊作のカボチャと、すっかり刈り取るのを忘れていたメリッサ。



ししとうがもう、食べきれなくて。。。

 

いやー、とったとった。

とったら食べないと!

と言うことで、地味ぃーなおひとりさまおひるごはん。

早く食べたくて、レイアウト的なものとかどうでも良くて。。。



ししとうとみょうがは天ぷら。
お豆腐にはお土産でもらったなめこと紫蘇をのっけて。
モズクと卵のお吸い物と、最近銘柄を変えてみたけどイマイチだったお米。

おばあちゃんのごはんみたい。

慈味。。。。

しびれるーーー


ブログネタもいろいろストックあって、しかも旅の記憶も薄れてきたけど旅日記も書きたいし。

だけど、日本から持ってきてもらった本を黙々と読みたかったり、そろそろ編み物も始めたい。

やりたいこと満載な秋の入り口。

落ち着け、わたし。

2015年9月7日月曜日

シリアごはんの会


冷え込んできました、ドイツ。

昨日は全然予定してなかったんだけど、近所に住むシリア人一家が鳥の丸焼きを持って
やってきた。




2時間オーブンで焼くという、大作?

2匹分焼いたんだとか。

だから1匹持ってきてくれて。

中にはお米とかレーズンが詰まっていて、スパイシーでめっちゃおいしかった。





前にトルコで買った直径1mのお盆に料理を並べ、みんなで囲った。

こういう料理はテーブルで食べるより、床に座って、現地の人風に手づかみで。



 
美味しいごはんを頂き、のほほんとみんなで過ごした楽しい土曜日の夜だったけど。。。

この写真を見て、ちょっと切なくなったり。

この人たちは、戦争が終わらない限り、祖国であるシリアで一家団欒の夕食の時間など
持つことはできない。

本来ならここではなく、生まれ故郷の家で食卓を囲んでる時間があったはずなのに。


今日も続々とドイツに流れ込んでくるシリア難民の映像を見て、あるいは昨日来ていた一家の
姿を見て、彼ら一人一人にどんな平和な日常があったのか想像してみる。

そして、それが奪われた悲しみを背負ったまま、全く知らない土地で生活せざるを得なく
なった人々の心細さを考えると、ホントに胸が締め付けられる。

戦争なんかしちゃいけないし、なくなればいいと思うけど、無力な私は日本のデモの様子や、
難民関連のニュースを見ても「考える」というところに留まっているんだな。

何かできることはないのだろうかとか、いつも思ってるわけではないのだけれど
まずは、肩身の狭い思いをして暮らしている身近なシリア人が少しでも

「ドイツにいても楽しいなー」

と思える時間を共有できたらいいかなー、なんてことは、よく思っている。

そして、精神的な部分を幾分か救ってあげれたらなー、と。

とか思いつつ、今日も奥さんが美味しいサモサを作って持ってきてくれた。

昨日大量に持って帰ってもらった畑のマンゴルドを使った2品。

ああ、私らいつもご馳走してもらってばっかりで、かたじけないっ。

来週は本当に「シリアご飯の夜」という名の下で、元廃墟スペースでイベントを行う彼ら。

おいしいごはんでもって、ドイツ人とたくさん交流が図れたら、これまた嬉しいだろうな。




そして、そして

明日は、日本から友達が2人やってくるーー。

10日ほど滞在する予定で、私は2日ほど遠足にお供してきまーす。

ベルリン、この前行ったばかりなんだけど、今度はどこに行こうかなー。 

2015年9月1日火曜日

そうめんかぼちゃ

今年初めて育ててみたそうめんかぼちゃ。

ドイツではスパゲッティーかぼちゃと呼びます。

その名の通り、茹でると身が麺のようにほぐれるから。

日本でもスーパーなんかでは中々見かけないと思うけど、野菜の通販をしている会社が
扱ってると、以前テレビで見たことがあります。

ドイツでもそんなにポピュラーな品種じゃないけど、野菜の苗オークションで手に入れた
このカボチャが、今年は大豊作。

一つの苗から10個ぐらいできている。

他のかぼちゃも今までにない、実のつけよう。


調理法をネットで色々調べたら、日本はサラダみたいにして食べる人が圧倒的に多く
中には素麺のように、めんつゆをつけて食べる人もいるんだとか。


ドイツだと、オーブンに入れて料理するのが一般的みたい。

長さ約30cm。




切り方を間違えたようだけど、断面はこんな感じに。





とりあえずの試作品。

材料は全部庭から。

無難にトマトソースを作り、種をくり抜いてできたくぼみに流しいれ、オーブンに入れて1時間。


ドドンッ。




シャキシャキとした歯ごたえが、全く新しいかぼちゃ。

スパゲッティーにように食べるので、付け合わせはいりません。







これは色々アレンジが効く万能野菜とみた。

春雨サラダ風にして食べてもおいしそうだし、ホワイトソースでグリルしても合いそう。

わたし、実はかぼちゃとか芋とかがあんまり好きではないんです。

ホクホク、モサモサした感じがどうもだめで、栗とかも苦手。

カボチャは以前から作っていたけど、もっぱらスープ用で。

だけどこのソーメンかぼちゃは、スープでもそのまま料理に使っても使えるので
我が家の栽培レギュラー野菜に決定!


ちなみにコレ、離乳食に最適。

茹であがってほぐしたら、勝手に極細の千切りになっているという、なんて主婦想いな
お野菜さんなんでしょう!
 

トマトトレトレ


帰宅してから10日。

やりたいことが山ほどあるけど、結局畑仕事に時間を取られ、1日があっという間に
すぎてゆく。

でも、これがしたくて早く帰ってきたのさー





私はこの1週間、生クリームを買いに歩いて5分のところにあるスーパーと、これまた歩いて5分のマーの実家、そして今日家の前の歩道を掃除した以外、外に出ていない。

1週間で50セントしかお金を使ってない。

食べ物はもっぱら畑から。
冷凍庫にあるものとか、乾物とか組み合わせ食いつないでる。

とにかく旅行中は野菜不足だったので、毎日毎日野菜料理オンリーでも全然飽きない。



お客さんはくるんだけど、ホントに家に入り浸りの日々だった。

明日から始まる新しい週には、さすがにどこかに出かけようかなー。。。


トマトがとれとれ。


         



 




今年は種類多めに育てました。

マーのお母さんに大感謝。

畑の子たちの面倒を見てくれてありがとう。

大きさの目安。一番手前のアカスグリトマト、直径7ミリぐらい

全部で10種類ぐらい。

種類がいっぱあってかさばるので、育苗ケースの中に筋蒔きして、列ごとに何を蒔いたか
紙に書いておいたんだけど、その紙をなくしてしまった。

だからどれがどういう名前なのかが、分からない。

来年用に採種するけど、自分で名前つけるしかないな。


収穫は15キロぐらいかな。
去年同様、大量にトマトソースをつくって保存。

すぐになくなると思うけど。