2012年12月24日月曜日

救われたくるみ割り人形


じわじわと集まりだしている、クリスマスの古い飾り物。

今年はこの御三方が仲間に加わったことで、クリスマスがいっそう楽しくなりました。



 実はこの御三方、どこかしら欠陥があり破格の値段で売り出されているところで
出会いました。
もうほんとにどーでもいい値段。
それでも買い手がつかなかったんでしょうね。
2体は私が8ユーロで引き取りました。

そして真ん中のお方は先週、燃やされる寸前のところを救い出され
私の元へやってきました。


 うちには木工好きのマー親方がおりますので、この欠陥だらけのお三方も
ちょちょいのちょいで治してくれることでしょう。



よかったね、3人さん!


ちなみに、最近親方の木工仕事っぷりには目を見張るものがあります。
多分今はまっちゃってるんでしょう。

まずはこれ。
Omaのクリスマスプレゼントのリクエストで、30年以上使っているお気に入りのまな板を、
修復するか新しいものを買ってくれとのことだったんだけど
これも、彼は作ってしまいました。

豚のまな板!今こんなの売ってないよね~


今日はクリスマスで、このあと持っていくんだけどおばあちゃん絶対喜ぶよ!

そして、おとーさんへのプレゼント。
キコリのライセンスをとるための講座料の金券なんだけども
これも木で作っていた。



今も黙々と地下室で作業中。
私にくれるものを作っていて、何だか分かってるんだけど今日中に仕上げられるはずが
ないと思ってますが、結果はいかに???


そしてみなさま、今日は美味しいものたくさん食べて、楽しいクリスマスをお過ごしください!

Frohe Weihnahaten!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年12月22日土曜日

クリスマスマーケット in エアフルト

写真上映会の翌日は、マーの職場近くのエアフルトのクリスマスマーケットに寄った。

エアフルトの街に来たのは2回目。

相変わらずこじんまりしていて、素敵な街です。

 マーケットの規模は思ってたより大きかった。
会場も何箇所かあって、色々周ってみたけど、やはり大聖堂の前のが
一番良かった。
 
どんよりで、良さが伝わらないなぁ。。。
          
やっぱりマーケットは夜が本番!!

ドームも市場も一段と様になります。





木曜日の平日だったので、適度な混雑だったし、想像以上に素敵なところで
ものすごく楽しかった。

個人的にはいつもなら中世仕様のマーケットがお気に入りなんだけど
このエアフルトにおいては、フツーのところが一番よかった。


グりゅーワインのカップも、沢山種類がありました。
ライプチヒのはイケてないんだけど、ここのはどれも良かった。

写真暗いな~。このカップは他のタイプもあわせて10種類以上ありました。

今年はドレスデンのクリスマスマーケットに行きたかったんだけど
忙しすぎて行けなかった。

だけどこのエアフルトので今年は大満足!
来年も遊びに来よーっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年12月21日金曜日

写真の上映会

昨日の続き、、、

旅写真の上映会は、地下にある小さなクラブでこんな感じで行われました。
 

場所はマーの勤め先の某街。

大学が密集するドイツ中部の小さな学園都市で、海外からも沢山の人が
勉強しに来ていることもあり、英語でやってくれとのことだった。

この日も旅好きな人々が集まってくれて、約1時間音楽付の写真上映会になりました。


そして、この日会場に駆けつけてくれた近所に住む男の人。
彼こそが、マーにヘンなインスピレーションを与えた張本人。

彼は2007年に、200ユーロで手に入れた日産ミクラでウラジオストクまで行ったことがあり
その話を聞いて、マーも日本から車で引越してくることを思いついたそうだ。



しかしまぁ、自分もよくやったと思うけど、この人もこんなオンボロ車で
よくも極東まで行ったよなぁ。。。。

写真のプレゼンはマーも私も英語で全部やったけど、私は英語がちゃんと話せるか
心配だったので、多少お酒の力を借りて舌を回転させた(笑)

まぁ、久々英語でガッツリ話してみて、まだまだ英語の方が全然楽な自分に
気がついた。

そりゃそうだよなぁーーー

しばらく忘れてたわ、そんなこと。

さてさて、もうすぐクリスマス。

クリスマスの話題をいっこも書いていないような気がする。

明日からクリスマススペシャルということで、乞うご期待と言っておきます(:)

ネタはあるのよ、一応

だから冷めないうちに!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年12月20日木曜日

ドイツ語B2終了~~得たものは?


 9月から通っていたドイツ語コースが終了。
以前、講師がスバラシイ人だったと書きましたが、最後までいい先生で
授業も退屈することなく、ぎっちり学べました。

そして、この3ヶ月の成果はでかかった!

けっこう難しかったけど、ドイツ語が飛躍的に分かるようになり、また話せるように
なったので、ほんの3ヶ月まえと、自分の見るドイツの景色が少し変わった。

なにしろ嬉しいのが、世間話が出来るようになったこと。

電車通学を毎日していると、知らない人から話しかけられることが多いんだけど
そんな場合でも、延々と世間話を続けられる引き出しが増えたので
電車の中がリアルドイツ語講座みたいな感じで、この往復の時間で得られるものは
ほんとにデカかった。(たまに面倒くさい人もいるけどねー)

もちろん言葉の壁はまだまだあって、私のドイツ語力も全然まだまだだけど
この垣根がグンと低くなったことで、ドイツ人がもっともっと身近になってきた。

そして最近特にそう感じるようになってから、ドイツ人の優しさや面白さが
身に沁みる場面に良く出くわす。

この前なんか電車で宿題をしていたら、隣に座っていたおじさんが
宿題を手伝ってくれた事もあった。

学校のことについて言えば、今回クラスメイトにはホント恵まれなかった。。。

前にも書いたけど、ロシア人の塊、その中でも派閥が3つあり
そのほかは子持ちのアラブ系の女性。子供優先なので学校が終わると
すぐに帰ってしまうし、唯一仲良くなったスペイン人の彼女は途中から
うつ病になって来なくなってしまい、男子はというとお爺さんか20歳ソコソコの
若い子で、私はどこか宙ぶらりんな感じだった。
一人になる事は決してなかったけど、かといって心が通う友達ができたわけでも
なかった。

とは言え楽しかった学校生活。
新しいことが沢山学べて、勉強がなによりも楽しかった。
難しかったけどねー

そしてそして、ガッツリドイツ語で集中していたこの3ヶ月。
マーとの日常会話も今では9割はドイツ語で、英語がすんなり出てこない。

にも関わらず、昨日は旅写真の上映を英語でやってくれとの以来があって
今年最後のお仕事。やってまいりました。

その事は、また後ほど~

2012年12月17日月曜日

寿司コース@廃墟

いやいやいやいや、ずーーーーっと忙しい日々が続いております。
忙しい上に風邪を引いたり、ドイツ語コースが難しすぎて頭が爆発しかけたり(今も!)
年末年始の予定も立てなきゃ、あーでも、その前にクリスマス!

なんでこうも色々重なるかな?
明日でドイツ語コースは終わりで、その次の日はオフィシャルではないテストが
あるんだけど、あさってはあさってで、旅写真の上映会の依頼があり
それどころではないので、テストはスルーします。

ブログも書きたいことがいっぱいあったんだけど、冷めないうちに早く!と
思いつつも、冷めていってしまいました。。。。

今日は久々に(2時間だけ)時間ができたので、ホットな話題を!

一昨日のことです。

うちの旦那のマー先生も活動している廃墟再生プロジェクト
長らく記事してなかったんですが、細々と進展しているものの
グループ内で何度も亀裂が生じ、幼稚園児ばりの喧嘩をしては仲直り、
また誰かが喧嘩しての繰り返しで、大きな成果は見えてません。


しかし、1件の廃墟。
築200年以上のこの物件は、このプロジェクトが最初に手に入れた物件で、
ココだけは着実に形になってきているような気がします。

まだまだ廃墟だったころの傷跡は至る所に残ってるけど、小さいながらも
居心地のいい空間になりつつあります。

日曜日はその(元)廃墟を借りて、念願の寿司コースを開催しました。

その場所とはこんなとこ。
天井が思いっ切り、傾いてます!
何もデコらないと、ほんとに思いっきり廃墟感がむき出しなんだけど
なんとかディスプレイして、それなりになったかな???

 






 私、めちゃブレてますがこんな感じで、総勢20名ほどのドイツ人に囲まれながら
米のたき方から、寿司酢の作りかた、厚焼き玉子の作り方 などなどなど
すべてドイツ語で実演しました!
(みんな、まだまだつたない私のドイツ語を優しく聞いてくれて、ほんと嬉しかった!) 



きゅうりを真剣に切る人たち
            
丁度良く火鉢みたいになってくれた廃墟出の石(笑)

みんな巻いては食べて巻いては食べてで楽しそう!

みんな、ほんと喜んでくれて、大変だったけどやってみてホント良かった。
大量の寿司ネタと、米4キロ分のシャリは全て完食!

でも20人はちょっと多すぎたなぁ。。。。
調理台も足りなくて、ギュウギュウで2人1組になってやってもらったんだけど
そのギュウギュウ感がまた、暖かくて面白いということだったので
次回も是非程よくギュウギュウでやりたいと思います。

次回は来月。
実はもう予約でけっこう埋ってるというから、驚き。
コレを機にリピーターも増やして、定期的に開催できたらいいんだけど。
餃子コース、うどん打ち、手作り豆腐、アジア料理全般なんでも来いだ!

そして稼いだお金の一部はこのプロジェクトに寄付をして、廃墟を立派に
再生してもらい、わたしもそこでこの街の人がなにか楽しんでくれることを
仕事にできたら。。。。というのが昨日芽生えた小さな夢。

もう、頭の中はアイディアで一杯だったりして!

これからがちょっと楽しみだわ♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年12月9日日曜日

買ったほうが早い。


ドイツのクリスマスには欠かせないこれ。

Schwibbogen。


いや、欠かせないのかは分かりませんが
このクリスマスの木工細工製作で有名なエルツ山地というのは
ザクセン州、ドイツの東の果ての果てに位置するところでして、まぁそう遠くも
ないこともあり、この辺のクリスマスマーケットでは エルツの木工細工の店が
軒を連ねます。

エルツ山地というのは鉱山の町で、日照時間が短い冬に更に暗い地中で仕事をする
坑夫たちが帰ってきた時、少しでも明るい気分になるように街中の窓辺に明かりを灯そう
というのが、このSchwibbogenが作られた理由だという話を聞いたことが
あります。

更に思い出深い話があって、私が日本→ドイツの旅をしてきてゴールである
ドイツで最初に通った街が、このエルツ山地の街でした。

年が明けて10日経った、大雪の降る夜だったんだけど、この街の窓と言う窓全部に
Schwibbogenの明かりが灯っていて、それはそれは感動した覚えがあります。

今思い返してもちょっと鳥肌がたつ。
たとえばクリスマスで賑わう街のイルミネーションなんかと比べ物にならないくらい、
静かで幻想的なクリスマスの雰囲気がひっそりとそこにはありました。

ああ、それももう3年もまえの話かぁ
早いなー

で、このSchwibbogen。
何気に欲しいなーと、ちょっと告知のような感じで言い歩いていたんだけど
なんと去年のクリスマスにこのSchwibbogenを手作りするための
型紙を頂いてしまったのです。
作ってみたら?。。。。ということですね。

そして1年経った後のクリスマスシーズン。

こんなのもっと早くやれる時間があったにも関わらず、只今猛スピードで
製作中。

私が??

いやいや、マー親方が。

薄い木の板に、型紙から図案をトレースして斜線部分を切り取って行きます。



 私には、この弓形の激細のこぎりを使えるスキルが無い事が判明し
親方に全てを託すことにしました。

しっかし、この人ホントに器用だわ~


買ったほうが早い、、、、とか言わない。


 クリスマス中に間に合えばいいけど、きっと無理だろーな。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年12月6日木曜日

ドイツ人の「新鮮な空気」信仰説

タイトルそのまんま
ドイツ人は、どんだけ新鮮な空気好きなのというお話なんですが
どうやらこれは我が家だけの話でなく、ドイツでは割と一般的なような気がします。

Frische Luft

新鮮な空気は、確かにいい。が、こんなことするまで好きかという場面に良く
出くわします。

まずは、うち。

これは、ある程度歳をとってる人に共通している健康法と見ているんですが
寝室には暖房を入れず、寒い部屋で寝る。
もちろん、新鮮な空気のためです。

我が家もその例にならってか、寝室にしている部屋は常にキンキンに冷えて
おります。
私がやりたいんじゃなくて、もちろんドイツ人の習慣にならって仕方なく
寒い部屋で寝起きしてるんだけど、人間慣れるもので、今となっては、
暖かい部屋では気持ちが悪くて、眠りづらくなってきた程です。

ただ、難点はベットに行くまでが怖い。
あの寒さを考えると、怖気づいてしまう。
入ってしまえばこっちのものなんだけど。。。

今もこうやって暖かいソファーの上で、書くつもりも無かったブログを書いてるのは
あの寒いベットに入るのが嫌だからです。

本当は3時間ぐらい前からもう眠くて眠くて、寝たいんだけど
ベットに行くのが嫌だから、無理やり起きているという。。。。

翌日が学校の日は、気合を入れて寝に行くんだけど、明日休みともなると、
もうこのままソファーで寝ちゃおうかなという気にもなってくる。

どのくらい寒いかって?

そりゃ、外なみに寒いですよ。良くて5度ぐらい。
冷蔵庫すか?

もっと寒くなった日には、帽子をかぶって寝ます。
頭が出てると、風邪ひいちゃうぐらいの室温なので。
今晩あたりから、だんだん帽子が必要になってくるだろうなー

裸睡眠主義のマー先生は、マッパで寝ますが帽子はかぶっているという
冬ならではの異様な光景が見られるのもこの時期です。笑

ちなみにマーの親は、暖房を切るどころか、窓を空けて寝る人たちです。
理由はやはり新鮮な空気。

この前遊びに来ていた友達は、ベビーカーで昼寝中の子供を、なんと
テラスに放置。

私たちは室内でヌクヌクとお茶してるのに、
「いいのいいの、新鮮な空気のほうが熟睡してくれるから」と、ホントに外で
昼寝させていた。
赤ちゃんはもちろん完全防寒だったけど、ちょっと衝撃的だった。

どうでしょうか?

ドイツに住んでる人なら、ピンときませんか。何かにつけてFrische Luft。

そして、極めつけ。
ドイツ人は(少なくとも私の周りのドイツ人)寒いことを、フレッシュと言います。

「今日、寒いよねー」と聞けば「いや、フレッシュだよ」と聞きなれない返事が。
「うん、寒い」と答えるには、マイナス10度ぐらいの気温が必要みたい。
 
この寒さをフレッシュといえるような温度感覚が身につくまでには
まだまだ時間がかかりそうです。

そんなことより、これからどうしましょう。。。

やっぱ嫌だなー、あそこで寝るの。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村  

2012年12月4日火曜日

選挙に行こう!

えーと、バタバタと忙しい日々が続いております。

あっという間に12月で、あっという間に1stアドベンツ。
一気にクリスマスモードになったので、飾りつけだのクランツ作りなどしたり
出かけたり、人が来たりでブログそっちのけでございます。

週末には友達が来る事が多く、その度にたこ焼きパーティー。

今週も焼く事になるのかな??

クリスマスマルクトにも行ったりしていて、色々と書きたいことはあるんですが
今日はそんなことより衆院選のこと。その前に都知事選もあるか。

ありがたきIT時代、ドイツに居ながら党首討論を見つつ聞きつつも
料理なんか出来ちゃう時代です。

ここに居たって、日本のことはいつでも気にしてます。





選挙に行きましょうよ!

興味がない、票をあげたい人なんぞいない。。。

私も以前はそうでした。

だけどそう思う前に、今日本では何が問題で、何がされようとしていているのか
この国を救いますよ、背負って行きますよと言ってる人たちは、何を考えてるのか
何がしたいのか。

まずは聞く耳をもちませんか。

どうせ出来ないかもしれないけど、聞くだけ聞いてやりましょうよ。

聞いてみると、ええ、そうなの???って、あまり知られていない日本の
問題が次々と見えてくる。
色んな主張やVISIONがある。

そして、この人の言ってる事、現実になったらすごいじゃんとか
夢物語かもしれないけど、 そんなポテンシャルがあるんだったら、協力するから
早く言ってよー的な、ポジティブな面も見えてくる。

消費税上がんなきゃいいなー
上げ上げモードだけど、上がったっていいことないんじゃない?
景気悪くなって、自分の生活が荒まなきゃいいなー
災害時に困りたくないし、いずれ原発なくして、安心して暮らしたい
電気代安くしろ。
そんなことより、未だに被災してる人々をどうにかしてほしい。
TPP、怪しいぞソレ。一生アメリカの犬か?
核兵器なんぞ、いらんわ。
徴兵制ができたら、戦争した時借り出されるの?
お父さんが、友達が、旦那が恋人が息子が孫が、え、俺が??

などなどなどなど。。。。。。。

うん、身近な問題がたくさんあるなー

私はこの先日本に定住する予定はないけど、日本の家族や友達の
ことを考えたときに、こうして欲しい、ああして欲しいという希望がたくさんある。

そして、その希望を票に託せるなら、国の為の1票なんて大それたものではなくて、
自分の幸せの為の1票と考えることが、安心の国の未来につながってゆくような
気がします。

国の事は考えられなくても、自分のことは考えられるわけだしねー

なんでもそうだけど、関わった分だけ、裏切られたら腹もたつし
傷つくし、失望します。

裏切りが当たり前にある日本の政治に必要なのは、裏切ったやつらに
腹を立てる気力だと思う。
腹をたてて、咎める人がいないと、日本の政治は変わらないと思う。

日本人、怒らなすぎ。

怒りの矛先が、沈黙か投票かは自分できめることだけど
まずは、話を聞いてから決めるのでも遅くはないと思うんだけどなー。


あー、なんかまとまらないうちに眠くなってきたので、終了。


とにかく、明るい未来のために日本の皆さん、政治に首つっこんでください!
足の先っちょからでもいいや。

深入りせずとも、監視の目という意味で、ちょいちょいダメ出しできる距離感を
保つのがフツーの世の中になってほしい。