2012年10月11日木曜日

強力ガードで、、、

久しぶりに写真がのっけられるようになったので、
今日は畑のこと。

もうシーズンも終わり、収穫高もグンと減っているところですが
それに比べて咲き盛りの花が至るところに生い茂っていてなんともアンバランス。

このお花ドイツでは「Studentenblume」と呼ばれる花で、日本でいうところの
マリーゴールドです。
コンパニオンプランツとして野菜の近くに植えておくと、病気や虫を
遠ざけてくれます。

とりあえず株間も30cmぐらいと書いてあったので、育てておいた苗を
春に移植したんだけど、これがみるみるうちに大きくなって、1株から20も30も
花を咲かせる大株に成長。

ちょっと畝の片隅でポツポツと咲いていてくれるもんだと思ったら、あっという間に
マリーゴールドだらけの畑に。
しかも開花の時期がものすごく長くて、もう4ヶ月目に突入するでしょうか。

ちょっとこれにはびっくりしました。来年は控えめにしよう。。。

そして、そのボーボーマリーゴールドに囲まれている畝に蒔いた白菜たちが
虫の被害を一切受けずスクスクと育っています。

       

こうなると、花の隙間に野菜を植えてるみたい。。。。

この花は匂いがけっこう強いので、これだけ強力にガードされていると
虫が寄り付かないのも納得です。

花が多すぎるというのもあって、間引き兼ねて何株か引っこ抜いて
それを土に埋めて健康な土を作る「緑肥」というのもやってみました。


大輪の花を咲かせている株から惜しみなく花を切り刻み、溝を掘った土に放り投げ
踏みつけます。
罪悪感など、ありゃしません。
だって、すんごい咲いてるんだもん。

これをやることによって、地中に住む虫からの被害を減らすこともできるのだとか。
ほんとかなー。
ま、これも実験です。


そして、忘れてはならない種の採取。


やさいはやっぱり自家採取の種のほうが発芽率が良い気がしてます。
なので今年もすかさず種回収。

 ちなみに、もうすぐ来年用のシュパーゲルの球根が近所のおじさんの畑から
引っ越してくる予定です。

気温がだんだん下がってきてるけど、外で働けるうちに働いておかないとね。

加えて、落ち葉掃除がめんどくさい季節になってきました。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. パソコンの調子良くなってよかったよかった。
    種の採取ですかぁ。勝手に出てきてねーだけでは難しいものもあるので
    うちも始めないと。。あっキクイモどうなりました?うちのは一株強風で倒れたものを掘り出してみました。また良い活用アイデアありましたら、ご紹介願いたいところ。

    返信削除
  2. akaさん

    種はできるだけ取るようにしてます。勝手に出てくるのはそれはそれで
    楽しみですよね。
    菊芋は庭の片隅で育ってることは育ってますが、花は見てないなー
    というか、すっかり忘れてました!
    雨がやんだら、ちょっと掘ってみようと思います。

    返信削除