2012年5月31日木曜日

ドイツで役立つ10円玉

これは、もう常識なのかなぁ・・・?

だいぶ前だけど、何故か財布の中に10円玉が入っていて
試しにスーパーのショッピングカートのカギのところにさしたら

ピッタリはまったよ。

ま、スーパーにもよるかもしれないけど今のところ
適合率高し!

ご存じない方のために、、、
ドイツのスーパーのショッピングカーとはカート置き場に前のカートと
チェーンでつながれていて、お金を入れてロックを解除するしくみに
なってます。

だいたい50セント、1ユーロ、2ユーロがはまるようになってるんだけど
たまーにこの小銭がない時があって、そういう時はいちいち両替しなきゃ
いけないので、めんどくさい。

そこである日見つけた10円を入れたらピッタリじゃあありませんか!
ちなみに5円でもいけるところがあった。

日本円はドイツで使わないので、1枚あれば財布にずっと残るでしょう。

これはちょっと発見!と思ったのは私だけでしょーか???




☆☆☆


ブログのデザインを変えてみました。
トップの写真はキルギスタンのバス停の写真。
中央アジアのバス停は、ものすごくかわいいのが多く、結構撮り集めました。
軽く写真集とかできるかも。

プロフィール写真はラオスのブッダパーク。

ああ、旅に行きたい~!!!!

ということで、5月もおわりますが
今後ともお暇つぶしに、ワタクシの徒然日記にお付き合い願いて候。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年5月30日水曜日

チロルで登山(後)

昨日の続き・・・・

ベットになだれ込んでしばらくたち、お腹がすいて起きてキッチンに行ってみると
人が5人に増えていた。

このヒュッテ、毛布も枕も食器も調理器具もそろっていた。
知ってたら荷物を半分に減らせたかもしれないと思うと悔しくてたまらなかったが
時すでに遅し。。。。

しかも極度の疲労感でお腹はすいてるけど食べられない。
それに結局2泊しかしなかったので、こんな調子なら食料だって
減らせたかもしれない。

まぁ、次回来るときは、もっと身軽でもっと楽しめるでしょう。

ヒュッテにいた他の人たちは、ここからさらに頂上を目指して登る上級者で
こんな時期なのでアイスクライミングをする人もいました。

私たちは、来た道の雪の多さから上を目指すのを断念して翌日は300mぐらい
登ったところまで散策にでかけ、もう1泊だけして下山することにしました。


この300mも雪が多すぎて、荷物なしでも怖い思いをしました。
高い所は全然平気なんだけど、森林限界を超えての高いところは斜面むき出しで
けっこうリアルなので、さすがに足がすくみます。


2日目の夜は雪まで降ってきて、翌日出発できるか心配だったけど
無事に下山することができました。
のぼり5時間、下り2時間。
荷物と雪が多かったから大変だっただけで、山としてはそんなにきつい山じゃ
ありません。
だから、シーズン中はきっとすごい人なんだろうと思います。

         下山中の山スキーヤー




今回の遠足、登山もおもしろかったのですが
地元を抜けて、違う地方に来ると方言の違いが聞けるので面白い。
国内を旅行する事ってあんまりなくて、こういう事に今まで気づかなかったのね。

山小屋は狭いところに色んな地方から来た人が集結するので
その会話ともなれば、方言の宝庫です。

私はもう聞くのに精一杯で、会話にすらならなかったけど
「BITTE??」(相手の言ってる事が分からなかったときに言う)が
ものすごく沢山飛び交ってました。

特に、チロル訛りのドイツ語はマークスも理解するのに苦労してました。
私は殆どわからなかったけど。

逆に、マーが言ってることにも「BITTE?」の嵐でしたが、不思議と私は理解できるので
いよいよ耳がザクセン仕様になってきたのかなーなんて思いました。

それと、帰りに立ち寄ったレストラン。
チロル地方の郷土料理をと思い、楽しみにしていたんだけど
残念な結果に終わりました。

レストラン恐怖症になりそう。

当たり外れがあるのはわかるけど、外れを引くことが多いので
観光地などでの外食はホント懲り懲りといった感じです。

家に着くなり作った、野菜たっぷり入れたインスタントラーメン(出前一丁)のほうが
何倍もおいしかったり。。。


そんなわけで今日は筋肉痛が酷いですが、久々に充実した楽しい休日でした。
そして、あんな運動量だったので少しは痩せたかと思ったんだけど
体重増えてるし!! ショック。。。
筋肉がついたのかしら???

               また来るよ、VENT



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年5月29日火曜日

チロルで登山(前)

pfingstenの連休。

今回は超楽しみにしていた久々のがっつり登山。
3泊分の食料をやらなんやら、パンパンにリュックに詰めて
向かった先はオーストリアのチロル地方の村「VENT」。



なにやら、オーストリアで1番小さな村だそうで、そこには3772mという
富士山と4mしか変わらないという大きな山の入り口があります。

冬はスキー客で賑わうそうだけど、シーズンオフの今は
何人かの山スキーヤーとハイカーに出くわしただけで、期待通りの
ひっそり登山だった。

さて、目指すはオーストリア。夜9時に出発してミュンヘンの先の
国境付近に到着したのが午前1時過ぎ。
オーストリアは車中泊もおろか、野宿も禁止されているため
ドイツ側の国境付近の適当なっところで、テントを張ってとりあえず寝る。

川の音がうるさくて、仮眠程度の睡眠しかとれなかったけど、頑張って起きて
フェント村に向かう。

ドイツを越えたらいきなりアルプス!!!ドーン。
そうそう、これを見たかったのよ。そして登ってみたかった。
ドイツでは見られぬ光景。やっぱり山はいいね~。


今回登った山は、冬用のヒュッテが一般開放されているとのことだったので
テントは持っていかずにすんだ。
その代わり3泊4日で行く予定だったので、その分の食料、そして残雪も心配だったので
アイゼンもスティックも持って、けっこうな大荷物になってしまった。

初日は2,3時間登って、あとはヒュッテに荷物を降ろして翌日は身軽でいいや
なんて思ってたら大間違い。


             私の荷物がどんどんマーリュックに移動され、こんな高さに!20キロ越え!

2500m越えたあたりから、予想以上に雪が残り、道が閉ざされていたので
仕方ないから雪の斜面を登って行くしかなかった。
これが、ものすっごい怖くてホントに途中で泣きそうになった。
滑ったら、先すら見えない谷の底に転がって死ぬだけだ。

またしても、こういう状況にいる自分。自分で来たくて来たんだけど

「こんな場所があるとは、聞いてねーんだよ!」

怖すぎて発狂し、怒りの矛先は全てマーに向かう。
彼はそんなのも慣れっこなのでうまい事かわされる。

見上げれば遠くのほうに今日のゴールであるヒュッテが。
振り返れば谷底。

上を見るしかない。抜けそうだった腰をもう一度入れなおして
1歩1歩進んで、なんとか難関はクリア。
しかし、このあとも何度となく難関が訪れ、その度に泣きそうになりながらも
なんとかヒュッテに到着。




小屋には2人の男性がすでに居て、ぐったりした様子で寝転がっていた。
わたしもグダグダだったので、荷物を降ろしてそのままベットにダイビング。
しばらく気を失ったように寝に入ってしまった。

長くなったので、続きはあした






にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年5月25日金曜日

妄想とは時に・・・・

恐ろしいものです。

妄想が発展すると、こういう物を送られる羽目になります。



この2体のマネキン。
去年以前に家に来た事がある人は、記憶にあると思います。

これは2年前、私たちがこの家に引っ越してきた時、マーのママが新居にと
プレゼントしてくれたものです。

理由は、ウサギ小屋の住人と呼ばれる日本人がこんなデカイ家に越してきて

「さびしい思いをするだろうから」

そして

「人の気配があったほうが、安心すると思って・・・・」
「着物を着せてあげれば?そしたら日本をいつでも思い出せるでしょ!」

どんだけ私、寂しがりやのイメージなんだって話。

しかも、こんなでかくて乳が張ってくびれだらけのマネキンに着物なんぞ
着せられるはずがないっちゅうのね。

遠い異国から来る私のことを考えてくれていたことにはホントに感謝。

でもね、考えても見てください。

この2体の巨大なマネキンが、うっすら暗い廊下に佇んでいるのです。
しかも、玄関をあけてまず最初に目に届くところに置いてあるので
人の気配があって、安心するの・・・・・じゃなくて!

人気どころか、こんなの怖くてたまらないわ!

これがね、ギャグじゃなくて本気で心配して200ユーロもはたいて買ってくれたと
聞けば、キモいからといってどこかに仕舞うわけにはいかないじゃないですか。

だから、しばらく置いてました。
ストールとかカバンをかけたり、帽子をのせたりして
収納代わりに、マネキンを使ってましたさ。

しかし、いつからかこの2人は使ってない部屋の隅に押しやられ、だけどたまに
角に人がいると思ってビクっとすることがあるので、ついには物置に閉じ込めて
しまいました。

そうして、だれもこの2人を思い出さなくなったころに、送り主の張本人が
引き取り先をみつけたらしく、160ユーロと交換に、本日旅立って行かれました。
お母さんはちゃんと覚えていたんだね。

今日久々にこのマネキンを見て、マジで笑いが込みああげてきた。

マネキンの姿もそうだけど、お母さんのそのアイディアが凄すぎるでしょー。

ちょっとねー、ぶっ飛んでるんです^^
(だけど、MUTTIのこういうところ好きですけどね)

マーのママはすごい妄想というか空想家で、アイディアが混戦して
眠れなくなっちゃうこととかあるんだって。
で、そのアイディアはどんなに狂っていようが躊躇なく垂れ流されるのです。

打ち明けられた人は、大抵困ります。

まぁ、大体は却下されるけど、このマネキンがなぜ却下されなかったのかが
不思議でならない。

まさか、お父さんも「へー、良いんじゃない?」とか言ってたとしたらヤバイでしょ!

自由だよ、この人たちはどこまでも。。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、今日からまた休暇で久々に山登りに行ってきます。チロル地方です。
超楽しみ!

皆さんもよい休日を!

また来週~!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年5月24日木曜日

私の畑を荒らした犯人

犯人はこの子!!!

小鹿君。
君、かわいいよ。だけど、なぜうちの庭に出没する??

うちの家の門は2mぐらいあるし、どう考えても飛び超えてきたとは
思わない。

どこから入ってきたのかしらないが、しばらくパニック状態になって
庭や敷地内を全力で駆け回り、ついでに畑も荒らしていってくれた。

昨日

種まきとか

したばっかりなのに・・・・・

よりによってこんな日に。

植え付けしたピーマンの苗も踏み潰された。

超ショック。

害虫、猫、ナメクジ対策のほかに、鹿対策もしなきゃいけないってこと??

それにしても鹿君ったら、どこから入ってきたんだろう。
そしてどこから出て行ったんだろう。
見つけ出して塞がなくちゃ。


しかしまぁ、田舎に住んでるとは思っていたけど
鹿が家に来るようなところだなんて、やっぱすごいところにきちゃったもんだなぁ


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年5月23日水曜日

楽団が好き

大所帯のバンドが好きです。
それじゃなかったら、シンプルにトリオのバンド。

コレは最近発見したアメリカのバンド。

しかし、こういう音楽をきくと酒場にいきたくなるね。

最近めっきり酒など飲まなくなったのだけど、このワタクシが!

2012年5月22日火曜日

Himmelfahrtの遠足

しばらくぶりでございます。

先週の木曜日は「Himmelfahrt」というドイツの祝日で、父の日でもありました。
その祝日を利用して週末いっぱいはキャンプして過ごしてました。

行き先はJüterbogというところで、ベルリンからそう遠くないところ。
そこには小さいながら砂丘があって、オフロードを満喫するにはもってこいの場所。
家からも1時間半ぐらいのところだったので、ほんと軽い遠足といったところ。



今回も、マーの両親と一緒だったんですが、ぶっちゃけそんなに面白くなかった。

うちは家族仲良しで、みんなの趣味も似通っているので一緒に行動することが
非常に多いのですが、なんか今回はもうお腹がいっぱいというか
しばらく距離を置きたいと思う一心で、あまり楽しむことができなかった。

楽しくないと、ほんとに私は楽しめないひとで、露骨に顔や態度にでてしまう程の
ムードブレーカーなので、最後の日とかもう最悪だった。

原因はいろいろあるんです。
個人的な悪口にしかならないので詳しくは書きませんが、家族の中にどうも
苦手な人がいるのです。
それが原因でもあるし、自分のテンションの問題でもある。

来週もPfingstonnという祝日があって、それにあわせて家族でバルト海に行くのが
毎年お決まりの行事なんだけど、今年はそういう気にもなれず、急遽キャンセルして
私たちは、山のほうへ行く事にしました。

そんな大事な予定を蹴っ飛ばすとは、この嫁に一体なにが起こってるのか??
両親は知りたがるでしょうが、そういうのを探られるのもいやだ。

とにかく、放っておいてちょうだいという感じなのです。

反抗期の子供みたいね。

ということで、旅行記はありません。

強いていうなら、途中で寄った歴史あるレストランで食べた食事が全然だめで、
最後に寄ったその辺の村のクナイペで食べたお昼ご飯がめっちゃおいしかったこと。

ドイツではこういう料理を「Hausmannskost」というらしいですが、
店の内装とか全然いけてないけど、味は確か!

安くて、おいしいお店になかなか出会えないドイツですが
街にある有名店なんかよりも、こういうクナイペの料理を食べ歩いてみたほうが
ドイツグルメは楽しめるんじゃないかと思った。

         エルベ川。まっ平らな大地。

2012年5月15日火曜日

畳部屋 ここまでは完成



完成度30%ぐらいかな。
真ん中の仕切りの板を入れたら、しばらくはお休みするそうです。

「だって、夏だからさ!」

そりゃそうよね。
天気のいい日に日曜大工なんて、ドイツ人にはありえない。

内装工事は暗いか寒いか天気の悪い時に行うもの。

でしょ?モスクワにいるマーさん。

(マルさんも、このブログを翻訳ソフトにかけて読んでるみたいです。)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年5月14日月曜日

勝手に生えてきてくれてありがとう。

週末のどんより空模様から一転。
今日はすがすがしく晴れて、洗濯物も2時間で乾きました。

そろそろ種まきをするので、畑の雑草を抜いたり色々手入れをしてたんだけど
よくよく観察すると、いろんなものが勝手に自生してました。
去年作った物のこぼれ種から、出てきちゃったのです。

パクチーは、もうすでに雑草並みにボーボーです。
パクチーって一度芽をだすと、ものすごい勢いで成長するので、今年は控えめに
プランターで栽培しようと思ってたんだけど、見ての通り。



ま、私たち二人そろってパクチー狂なので、たくさんある分には困らないけど
とにかくいたるところにあるので、お二階さんにも頑張って消費してもらわなければ。

そのほか、勝手に出てくる仲間たちは後を断たず

カモミール
ディル
ペパーミント
ルッコラ
ニラ
パセリ
マギークラウト
フェンシル
ナスタチウム
いちご

その他なんだか名前の分からない花花花





ほうれん草なんて、もう何回収穫したかわからないけど
1週間前に食べられる大きさの葉っぱを全部刈り取って食べて、今日はもう
こんなです。


ほうれんそうってホントすごいの。
去年の秋に種を撒いたきり、1度も世話をしたことが無い。
水もあげたことがない。
勝手に黙々と育ってくれているのです。



これもそこら中に生えてる、アケライというお花。



来週あたりは種まきと苗の定植ができるかなー。
まだまだ夜は冷え込むみたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年5月12日土曜日

煎り酒シュパーゲル

シュパーゲルの季節。
ドイツの白アスパラのことです。
季節物なので、ここぞとばかりに食べまくってます。

食べ方は人それぞれ王道があると思うんだけど
わたし達は、熱々バターをかけて食べる派です。

試しで色々ソースを作ったりもするんだけど、結局はバターが一番おいしいね
というところで落ち着きます。

しかし、今年も実験をかねてちょっと変わったシュパーゲル料理
色々作ってます。

まずはこれ。

            食べかけじゃないよ

薄いパンケーキを焼いて、その上にハムとシュパーゲルをのせてクルクル巻いて
この日はマッシュルームとポロ葱となんだっけ・・・・忘れたけど
適当にあるものを刻んで炒めてクリームソースを作り、それをかけてオーブンで焼く。


これ1本でおなかがいっぱいになるけど、すごくおいしかった。
ソースを変えたり、いろんなハーブを入れたりで改良できそう。
簡単なのでまた作ってみよ!


そして、本日生まれた大傑作!

煎り酒という調味料は知ってますか??

江戸時代、醤油はとても高価なもので庶民にはなかなか手に入らない代物だったそうです。
そこで、醤油の代わりに使われていたのがこの「煎り酒」。
梅干と鰹節を酒で煮立てて作ります。


白身のお刺身などにとても合うそうなので、絶対シュパーゲルにも合うだろうと
思い立ったが吉日、今日さっそく作ってみました。


煎り酒を作り、ゆでたシュパーゲルを30分ぐらい浸して冷蔵庫で冷やし
おひたしみたいにして食べます。山椒をかけたらさらにおいしかった。
これは大発見!
あまった煎り酒は卵かけご飯の卵に入れて食べたけど、こちらも美味。

料亭の味だったわ、まさに!

ちなみにこの煎り酒。
4月ごろにブラタモリで江戸の食文化を紹介していた回があって
それで知りました。

ブラタモリ、おもしろいのねー。
歴史好き、江戸好きにはたまらん番組です。
終わっちゃったらしいけど、動画サイトで見れますよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年5月11日金曜日

日本語教室終了

今週で日本語教室終了。

先週は生徒が来なくて、最終回は1人しか来なかった。
しかも使うはずの教室が占領されていて使えなかったり。

連絡不届き?
学校側のオーガナイズがすごくダメだったのが、最後の最後で残念だった。

すごく気持ちの悪い締めくくりだったけど、約半年間、人生初の先生風の仕事は
とても貴重な体験でした。


                使ってた教室 

先生職はあんまり自分に向いるとは思わないけど、知らない世界をまた一つのぞき、
体感することができてよかった。

いつかもっと時間が経って、ドイツ語がもっと話せるようになったら
ドイツ語で授業をやってみたい。
言葉のストレスさえなければ、絶対にもっと楽しいと思う。

10年ぐらいはかかるかな????

ちなみに、最後生徒の子が日本の好きなミュージシャンの話をしてくれました。
雅、ここドイツでも人気だそうです。とりあえず、バカテク!

でも人気なの分かる気がするわ。


他には、マキシマム・ザ・ホルモンとかギルガメッシュというビジュアル系のバンドも
人気みたい。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さてさて、無職になったのもつかの間、さっそく次の仕事のオファーが
舞い込んできました。
こんなド田舎の町で、今時仕事が手に入るなんてめったにないこと。
だから絶対やったほうがいいのというのが、家族の意見。

私は今のところ、絶対できるはずがないと思ってます。
仕事の内容というより、言葉の問題。
でもそう思ってるのは自分だけで、やってみて結果は人が決めることなので
とりあえず、話だけは聞きに行こうかと。。。

ホントは語学学校に行くはずだったんだけど、そんなことするより
2ヶ月そこでバイトすれば、学校行きより上達するって。

そりゃぁそうだなとは思うけど、学校行きたかったな。。。。


そんなことよりドイツ、今週末は冷え込みます。
今日は30度越えの暑さで、明日の夜マイナス1℃とか信じられないですが
それがドイツのアイスハイリゲンというやつです。

それが終わったら、やっと夏の入り口だぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

2012年5月9日水曜日

さいきんのお気に入り

久々にかっこいいバンドみつけました。
ラジオにてへヴィーローテです。
ベルリンのバンドだけど、国籍はみんなバラバラ。
そういうのが、またステキ。

2012年5月8日火曜日

洗礼式に参加して

日曜日、友達の子供の洗礼式に行ってきました。
もうすぐ1歳になるクララちゃん。
パパとママはかつてのルームメイトです。

2年前私がドイツに始めて来た時、最初の3ヶ月だけルームシェアをして
暮らしていました。
2つのフラットに、3組のカップルと、1組の元カップル。犬2匹。

あれから2年経ち、今では全員に子供が出来て4人も増えて
住まいも手狭になったので、共同生活を解散・・・・かと思いきや
今度はもっと大きい家を借り切って、全員で引っ越すそうです。

もうみんな家族みたいになっていて、離れるのが想像できないんだろうな。

それにしてもこの2年の間、周りはものすごい出産ラッシュ。
10人は優に超えていると思う。

このルームシェアの子たちはみんなそろって28歳なんだけど、この歳で
もう家族計画をたててみんな予定通りに子供を授かっている。

すごい、私の若い時とは大違い。
わたし28の時など、子供の子の字もよぎったことが無かったのに・・・・


話はずれましたが、その洗礼式。
この日はクララちゃんと、もう一人別の成人女性の洗礼式が行われました。

洗礼をして、正式なクリスチャンを名乗ることができるそうです。

厳密に言えば、洗礼をしてない人間が神の前で誓いを立てることなど
形式的にはありえない。

だから、日本でよく行われるクリスチャン風結婚式というのは、
いかになんちゃってなのかがわかります。

ああいうところに来る牧師さんって、本当の牧師さんなのだろうか?
それともただの牧師風の人で、パフォーマンス的なものだと認識して
牧師役を演じているだけのか??

もし本当の牧師さんだったら、神を信じないもの同士の結婚式に
神前で愛を誓わせて、「ハイ、誓います」なんて言わせちゃったりすることに
罪悪感はないのか・・・・・

超牧師オーラを発する牧師さんが取り仕切る洗礼式の最中に
そんなことばっか考えてました。 (牧師言い過ぎ)

                 牧師さんが牧師ハンドをかざしてるところ。

この日の洗礼も、多分パフォーマンス的な要素が強かったとおもいます。
親がやれと言ったとか。

その証拠にクララの両親である友達2人は、牧師さんの言ってることがすぐに
飲み込めず、しかも内容も「神の名の下に誓いますか」系の質問で、それにホントに
答えていいのか解りかねる2人が肩をすくめて笑っちゃったりしてました。

それでも洗礼の儀式は行われ、何かの誓いが交わされていたので
ここドイツでも、けっこうなんちゃってなんじゃないかと思ったりもしました。

洗礼はもともと熱心な教徒でなくても、形だけでやる人も多いみたいで
それをやったからといって必ずしもクリスチャンとして生きてゆくということは
ないそうです。
キリスト教といっても色々宗派があるので、もちろんその意味も重要さも
違ってくるんでしょうが。

マルクスも、ちょっと大きくなってから洗礼を受けたそうですが
その後正式な手続きを経て、書類上のクリスチャンである事も辞めたそうです。

もともとそんなに熱心ではなかったこと。
それと、ドイツではキリスト教だと「教会税」というのを収めなくては
ならないからです。

しかも所得税の10%近くを課税されるので、教会に行かない人にとっては
けっこうな大金。
そういう理由から、脱会する人がたくさんいるんだそうです。

(税金で教会が運営されるってことは、牧師さんは公務員という事なのかしら???)








これはクララの洗礼祝いにあげた栗の木の苗。
「GEBURTSBAUM」(誕生の木)です。

うちの庭に大きな栗の木があるんだけど、その落ちた栗から新しい芽がはえて
こんな大きさになってました。
鉢植えにすると丁度よかったので、鉢にペンで模様をつけてプレゼントしました。
実家の庭にでも植えてもらって、お子と一緒の成長を祈るばかりです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年5月5日土曜日

改装のこと

寝室の内装。
ちょっとずつ進んでます。

ベースはこれでほぼ完成。
梁は今は黒く塗られていて、引き締まった感じ。
写真がうまく取れなかったので、様子はまた今度。



壁の色をぬりかえたり、階段を作ったりしなきゃいけないんだけど
まだイメージが固まってない。

色を決めるのってホントにたいへん。決まるまではとても気が重い作業。
今月中には完成させたいな。。。


さてさて、本日問題勃発。

寝室が完成したら、今寝てる部屋をリビングルームにする予定だったんだけど
なんと今更、暖炉を取り付けるための煙突がこの部屋に通ってない事が発覚し
別の部屋をリビングにすることになりそう。


         それが発覚した家の設計図。100年もの。

この1年、この部屋がリビングになることを見越して色々買い揃えていました。
カーペットとか、電気とか、とにかく色々。

だけど変更になりそうなその部屋は33㎡もあって、部屋の作りも雰囲気も全然ちがうので
また1から構想を練り直さなきゃならない。

とにかく広いへやなので、こじんまりと見せる方法はないかと色々サーチしてるんだけど
「狭い部屋を広く見せる方法」というのはいくらでも見つかるんだけど、逆はないのね。

広い部屋を狭く見せたい人なんて、あんまりいないか。。。

壁の色を思いっきり濃い色にすれば狭く見えたりするんじゃないかとか
天井を暗い色で塗るとか、そうすれば視覚的には狭くなるかなとか、そんなことを
その部屋でぼけーっと考えてました。

わたし、閉所恐怖所の逆で広いところが苦手。
野外の広さではなくて、部屋の広さ。
どうも居心地が良くなくて、どっちかって言うと狭い部屋の角っことかが好き。


あわよくば角がなくて、まあるくて、丸を見渡せるところが非常に落ち着く。
そんなところというのは、なかなかないんだけど例えばモンゴルのゲルとか
ティピテントとか、あとはムーミンの家。


            これ飯能にあるムーミンの家 笑。 ほら、角がない!超理想の家


           例えば、キルギスのゲル


             角が無いの!!

なんなんだろう、わたしのこの丸願望とは。。。。

まぁ、今のおうちでは角が取れないから、せめて温かみのある居心地のいい
空間にしたいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

お庭拝見

先週の連続夏日も手伝って、庭の緑が炸裂中。
毎日毎日だんだんと色濃くなってゆきます。



               1ヶ月まえはこんなでした。


                   そして本日


目に飛び込んでくる緑、花のにおい、鳥のさえずり、なまあたたかい土を裸足で
踏みしめて、日に日に増える畑からの恵みを食す日々。

五官すべてでもって季節の移ろいを感じる今日この頃です。

目の前の風景に次々と命が吹き込まれるかのような瞬間。
すごい生命力に囲まれた空間にいるので、人間だって元気モリモリ。

私すごくすごく待ってたのよ、この季節を!!!



    畑はあと1ヶ月もすれば、ボーボーになるよ


    百年もののパビリオン。裏庭で朽ちていますがこういうところ好き

この1、2週間の間で朝晩冷え込むアイスハイリゲンという日が少しだけあると
思います。
今の暖かさから想像できないけど、一瞬グっとマイナスまで冷え込むんです。

それが終わったら、育てていた苗を畑に放ちます。
今植えたい気持ちをぐっとこらえて。

ドイツの野外でお花や野菜を育ててる方は要注意ですよ!
天気予報をちゃんと見て、寒い日は部屋に避難させてあげましょう。
トマトとか、冷えると風邪ひいてちゃんと育たないことがありますよ。
種まきも、種類によるけど、15日過ぎまで我慢がまん!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2012年5月2日水曜日

本日我残念


忙しかった日々が終わり、完全に気が抜けた今日。

今日の日本語教室のためにこの忙しいのを合間縫って、せっせと準備していたのに
今朝教室に行ったら、だれも来なかった・・・・

 もう、唖然。

日本語教室は毎週火曜日にやってるんだけど、1日はメーデーで祝日なので
今週は水曜ね(今日)と言ったはずなのに、誰1人としてこなかった。

みんながみんな忘れるか???
なんかもう一気に気がぬけてしまった。

多分担当の人に今日の事を言ったとしても、起こったことは何も変わらないし
それは生徒とあなたの問題だからと言われるだけなので報告するつもりは
ないけど、がっかりだった。
せっかく楽しみにしてたのに。。。

しかも、これで2回目。
1度目は学校が丸ごと休みで、それを知らずに学校へ行ってしまったことがあります。

ヤレヤレです。
ま、生徒には来週ちゃんと言いますけど。

ところで、月曜日は町の外れにあるクナイペで開催される、年に1度のお祭りの
チケット売りをしてきました。

去年のブログに書いたのとまったく同じ、代わり栄えのない夜でしたが
チケットが諸事情により2ユーロほど値上がりしていて、当日券売りの私たちに
非難の声が掛かることもありました。

2ユーロぐらい出せっつーの。

しかもこの2ユーロで1時間ぐらい入場を悩んでる人とかもいたりして
見ていておかしかった。

桜の木とファイヤーだけ、唯一よかった。

さて、今日は庭で穴掘りの仕事を終えた後、最近はまってしまっている
ドラマ鑑賞。一人でのんびり至福のひと時。

MOTHER 」

YOUTUBEで画質は悪いんだけど、見てしまうねコレ。
知らなかった、こんなのやってたなんて。

なかなか取り上げられない幼児虐待がテーマだったり、 捨てられた子供の
話だったりするので、もう毎回毎回胸が詰まって泣きまくってます。

今のところ、良い展開にはなっていなくて、ドーンと暗い気持ちになります。

 1日2話まで!(と、決めています)。早く明日になって、続きが見たい!



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村