2017年5月24日水曜日

「好き」の魔法

こいのぼりを昨日やっとしまった、、、

くり坊、あと1カ月で3歳。

最近幼稚園のクラス替えがあり、今月から3歳から6歳児が通うクラスに行っている。

そのせいもあって、言葉の発達や運動能力、とにかく知恵のつき方が今までと比べものに
ならないほど早く、この1カ月で毎日毎日すごいものを見せてもらっている。


会話は相変わらず、私は日本語で話し、彼はドイツ語で返事をする。

たまーに片言の日本語単語が出てくるぐらいにはなったかな。


一番良く聞く日本語は「まま、しゅき(好き)」❤



先日、開いてる傘を無理やりドアから通そうとして、くり坊が壊すという事があった。

で、私は怒った。
怒って、何でそれがいけないかちゃんと聞かせようと呼び寄せたが、目も合わさず逃げて
行って、そのまましばらく一人で遊びだしてしまった。

それから15分ぐらい経ったころだろうか、洗濯物を畳んでいた私の足元に寄って来て
突然「ごめしゃい」 と謝ってきた。

ごめんなさいという日本語で。

私は驚いて「なんで謝るの?」って聞いたら

「僕、僕、悪い子(böse)」 返事はドイツ語。

「ごめしゃい、ごめしゃい、まま、しゅき」




んもーーーーー、許す!




1本しか持ってない傘壊されたけど、許す。

と、完全にほだされるいる私。

こんな小さいころから、こんな知恵がつくとはね。

嫌われることが怖いという恐怖心がもう芽生えていて、繋ぎ止めておこうとする言葉も
出てくる。

これって例えば、浮気した男が「許してよ、愛してるから」といって、ついつい許してしまう
女の心理と変わり無い?笑

そんなことないか?

語彙が少ないからこその、自己防衛? 浮気男とは違うか。


とにかく状況に応じて、この「しゅき」はどんな意味があるのか、考えるのも楽しくて。

ルバーブの巨大葉っぱで大興奮!



今日もなかなか寝付けない彼に、私がもう部屋を出ようとすると引き止められて

「なんで一人で寝るのがいやなの?怖いの?」と聞くと

「ううん、ちがう。。。。。。。まま、しゅき」といって、頬っぺたを顔にスリスリしてくる。

わかった、今日はもうこのまま君とねてしまおう、、、とそのまま2時間眠ってしまった。


これ、私にとってはかなり効果がある。

10の理由や言い訳を聞かされるより、たった一言の「しゅき」パワー。

好きって言ってればなんでも許されると思うな、、、、、、いや、許す!笑

今のところ、「うれしい」「楽しい」「気持ちいい」とか、そういう言葉は言えないから
全部「ママしゅき」で代用してる。

こんなことも期間限定でしょうね。
いつかこの「しゅき」がなくなって、ちゃんとした言葉で色々説明ができるように
なっちゃた時に、私はものすごく寂しくなるような気がするな。

そんな時なんて、すぐにやってくる。涙
 

 母の日には、幼稚園で作ったんだというマフィンをもらった。
混ぜるのを手伝って、オーブンを見張ってたって。

私へのプレゼントなのに、幼稚園から自宅まで両手で大事そうに運んでいたっけ。
そして、半分自分で食べていたけど笑

永久保存したいぐらいの、うれしい贈り物だったな。





2017年5月9日火曜日

2歳児との里帰り記 後編


実は今回の里帰りで試みようと思ったのが、坊の保育園体験入学。

日本の子供達や日本語に少しでも多く触れる機会を作ってあげたいなと思い、
保育園事情をうっすらとしか知らない私は、1月ごろに直接保育園に電話をしたんだった。
 
 どこの保育園にもある一時預かりの枠に、一週間でもいいからちょこっと入れてもらえないかなー、というほのかな期待はバッサリと断ち切られたけど。

第一にそういう問い合わせは園ではなく、市役所にしなくてはいけないらしい。

市役所が入園希望者のリストを持っていて、もちろん入園は何百人待ちという現状。
一時預かりの枠でさえも空き待ちという感じで。

だけどそういう状況を改善すべく、この1年で家の近所にずいぶんと保育園が出来ていた。

それでもまだまだ待機児童がいるというのだから驚きだけど。

坊はもうすぐ3歳なので、次回の里帰りの時は幼稚園の体験入学を狙おうと思う。

狙うというより、何しろ坊の為にも、是が非でも行ってもらいたい。

と思ったのは今回の私と坊の距離感から感じたことで、やっぱり四六時中ずーっと
一緒なのはお互いの為よろしくない。

それとやっぱり、子供と遊んでいるときの生き生きとした姿を見ると、彼にはそういう時間が
毎日必要なんだなと改めて思った。

特に言葉の面では、子供同士の会話から真似して新しい言葉を覚えて、そして使って
いたのが感動的だった。

私には日本語で話しかけることなどまずないのに、子供には何とか日本語を話そうと努力して
していたし。

日本語を理解しているのは知ってたけど、ようやくアウトプットの回路が動きだしたかなという
感じ。

だから、毎日毎日日本の幼稚園に行ったらどうなるんだろうかと、それはそれで楽しみだな。

今年は秋にもう一度帰る予定なので、多分今月中にでも幼稚園に問い合わせをしてみよう
かなと思う。


そういえば今回、マーにパパ友が出来ていた。

近所の公園で知り合ったという、専業主夫の外国人で。

外国人同士だからか、変な気遣いはないと言って、休みの日にはほぼ毎日のように
遊びに行っていた。しかもアポなしで。

そこのお家は3人男の子がいて、くり坊君もよく遊んでもらったな。

私を差し置いて、パパ友ができただなんて、なんだか少し妬ける話だわ!

だけど、マーにも近所に友達が出来て、ホントに良かったな。


 そんなこんなで、あっという間の1か月の滞在で、あの日々はいったい何だったのかと
いうぐらい、生活のリズムも時間の流れも対照的な我が家に帰ってきました。

って、すでに何週間も前の事だけど。


全然関係ないけど、今回どーーーーしても気になって気になって仕方なかった
日本で耳にした新種の言葉をいくつか。

「抜け感」「こなれ感」

広告とか雑誌とかでよく目にしたんだけど。

きっと、あまりがっつりオシャレするんじゃなくて、意外なものとの組み合わせとか着方で
気を抜いた感じがかっこいい?という意味?

こなれ感は、すごいオシャレだけど、「私特に気を使ってるわけではないし、普段からこんな
感じですけど、何か?」っていうこなれた感じ?だよね。

もーーー、ダサすぎて笑った。

「こなれ感が素敵ですね」とか誰かにもし言われたら、私だったら顔真っ赤にしてダッシュで
逃げるな。

あー、恥ずかしい。

こういう感覚を言葉にするなっつの。笑

あと、フワンス。フンワリブラウスの略。

スカンツ。スカートパンツの略。

もーーーー、やめてくれー。こそばゆい。


ニッポン摩訶不思議発見だったわ。

2017年5月6日土曜日

二歳児との東京での日々



日本でのことを。

今回の里帰りで、やはり一番大変だったのはもうすぐ3歳になる坊やんとの日々。

まず飛行機は、「一度寝たらなかなか起きない」体質を利用して、夜出発の便で
朝まで眠ってくれることを願ったけどダメだった。

ソウル乗換の乗継便で行ったんだけど、12時間のフライトのうち寝たのは最後の2,3時間。

もうこの歳なので、モニターで映画を見たり、ゲームをしたりで時間はつぶせるようになったけど
それに集中してしまい、寝る時間を逃し、結局眠いのに寝れないで可哀想だった。

もちろん私たちもほぼ一睡もできず、仁川で乗換えて成田、そしてバスで自宅近くまで、
何時間の道のりだったんだろう。

帰国した翌日は、昼間の2時まで3人とも爆睡だった。

日本からの帰りは朝の便で、こちらはすごく良かった。
5,6時間は眠ってくれたかな。それでも十分。

それとアシアナ航空、スッチーさんはそんなに良くなかったけど、ご飯がとてもおいしくて
満足。

去年はJALで帰って、機内食がスープストックトーキョーのミネストローネや飯島直美さん
プロデュースのおでん定食が出て、「さっすがーーーー」と思ったものだけど、それを
優に超えてしまった、アシアナの機内食。

私もマーも韓国料理大好きだから、大絶賛でした。

乗継便で行くなら、次回もアシアナを利用したいな。ご飯目当てで 笑


で、東京の実家にて。


到着して、2日後に買いにいったのが自転車。

去年はまだエルゴでおんぶしながら自転車でどこまでも行っていたけど、さすがに今年は
重すぎでできないので、着いたらすぐに買いに行こうと思っていた。

そして、近所のリサイクル屋さんに出向くと、たまたま一台だけ、後ろに子供の座席も
ついてる、まさしくママと子供の為のママチャリが売り出されていて。

それがなんと15000円。ブリジストンの。

即決で購入しました。

なんでそんなに安いのか。

聞くと今は電動アシスト自転車がスタンダードな時代で、それ以外の需要というのがとても
少ないらしい。
だから、安くしないと売れないということだった。

日本の、というか東京の(?)電アシ率は本当にすごい。

多分9割以上の小さな子供を持つママさんは、みんなアレに乗ってる。

公園とか行くと、ずらーーーーーーと似たような自転車が並んでいて、さすが日本と思った。

みんなが乗ってれば、みんな欲しくなるもんなんだろうね。

逆に電ナシでも前後に子供乗せて、立こぎしてるママさんとか見つける事は、今の時代は
もう不可能。

昔は当たり前だったけどね。

で、昭和のおばちゃん(私)は「ちっ、なんだよ楽しやがって」なんて、電アシママにスイスイ
抜かされるたびに心の中で毒づいているんだけど、きっと東京に住んで子育てしてたら
「買ってー」って言ってるよねと、マーに言われた。

さすが、分かっていらしゃる! 笑

ま、でも15000円の中古のママチャリは大活用で、本当に買って良かった。

という話。。。

 その自転車を買った日に、もう一軒リサイクル屋さんに行って、(うちの近所リサイクルショップありすぎ) 坊の三輪車やらトイレやらなんやら色々買った。

すごいよねー、東京って。
欲しいモノがなんでもその日に手に入る。

この便利さに飼いならされてる感じがすごくイヤイヤと思うと同時に、直ちに物欲が満たされる
ストレスの無さといったら!

魔法の一種、麻薬の一種だなこれは。

期間限定だからこそ楽しめる爽快感ということで、その後財布の紐は限りなくユルユルに。

色々手元にそろって、坊との1カ月が始まったわけです。

毎日の日課は、午前中は散歩に出かけ、近所のお砂場で遊んで、お昼ごはん、そして昼寝。

起きたらまた公園に行ったり、お庭で水遊びしたりして、夕飯、遅くても9時までには
寝ていました。

近所の児童館にも何度か出向いたな。

だいたい10時ぐらいからママさんと子供達が集まって、一緒に踊ったり、ゲームをしたり
おもちゃで遊ぶ会みたいなのが、近所のあちこちで開催されていた。

雨の日などは、そういう所を活用したり。

まあ案の定、そういう所で私は浮き浮き浮きまくりで、なんだけどその違和感をこっそりと
楽しんでいました。

昼間の間友達に会いに出かけたのは、たったの3回。

一度昼寝をさせずに電車に乗って友達に会いに行ったけど大変な思いをしたので、 もう懲り懲り。

電車に小さな子を乗せるのが悪いのかと思ってしまうぐらい(悪いんだろうね)、東京の交通機関は
子連れにあまりよろしくない。

子育てを経験したおばさんや、孫がいそうなおじいちゃんとかからは、席を譲ってもらったり
声をかけてくれたりしたけど、だいたいあんまりいい思いはしなかったかな。

みんな忙しくて、余裕がないんだろうな。

ドイツでは、電車移動でもなんでも、「子連れで良かったー」と思うくらい、とにかく子連れには
必要以上に周りの理解と気遣いがある。

そういう面では、ドイツの今住んでる所で子育てが出来て本当に良かったなーと思い、
そして「早くドイツに帰りたい」、そんなことを思うのも、なんとなく冷ややかで無機質な電車での
時間を過ごした時だった。

後半に続く

2017年4月25日火曜日

ねずみアタック


帰国して1週間たちますが、 帰って来て荷ほどきよりまずやらなければいけなかった事が。



遡ること1か月前。



家の廊下で1匹の小さなネズミを目撃した。

電気を付けたとたん一目散に逃げて行って、それから見かけることはなく数日後には
日本へと旅立ったのだった。


帰国した翌日。

廊下にあったドライフラワーの束が荒らされていて、よく見ると麦の穂が食い荒らされていた。

そしてマーがトイレでネズミを目撃した。

「まだいたか。。。。」


家の中のどこかにいると思うだけで、気持ちが悪い。


その日の午後になって、日本で買い込んできた食料品などをしまおうと、 ストックルームに
入ったら、ただらなる悪臭と食料品が荒らされた形跡が。

怖すぎてマーをすぐさま呼んで来て、半開きのままだった扉付きの棚など全部開けてもらう。


小麦粉のストック7袋は、もれなく1袋ごとに小さな穴をあけて食いついたあとがあり、煮干しは
胴体だけ食べて頭は食べず散乱していて、鰹節とか海苔とか、乾物系が根こそぎ持ってかれた。

ちっとも手を付けないモノもあり、そういうのって味見もしないでどうやって見極めているんだ
ろうとか。。。

米とか大豆とか全然手を付けてなくて、コーヒ豆は食べてたり。

なかなかグルメなんだな、ネズミって。

って、おい。


このごちゃ混ぜに開封された食料品がかもし出す何とも言えない匂いと、糞尿そして獣臭さ。

帰って来て早々、涙がでるほど凹みました。

しかし放置するわけにもいかず、黙々と片づけた。


被害はうちだけではなく、お二階さんのところにも数日前から現れていたらしい。

なので、トラップを仕掛けていたけど、「殺してしまうには可哀想すぎる」と言って
今まで掛かった3匹のネズミを、リリースしたらしいのだ。

お気持ちはわかりますけど、バカですか??

それが全部うちに来て、あの有様で。

マーはいきり立って、お二階さんのトラップを計四つ争奪してきて、ストックルームと廊下に
仕掛た。

翌日、4匹を見事に捕獲。

そしてその翌日からも1日1匹づつぐらいかかっていて、5日間で8匹、そして今もネズミとりの
箱の中に2匹いるという。(1匹は死んでいる)

どんだけネズミ屋敷なの(泣)

キモすぎる。



こんなに多発するのは初めてだけど、今まで出なかったのが不思議なくらい。
家の中でなんて、見たこともなかったし。

きっと最近住み着いた奴らなんだろうな。


それにしても、いったいどこから入って来てるのか?

穴という穴は全部塞いだと思ってたのに、まだまだいるみたいで。

あんなちっこいやつらにビクビクしながら生活しています。


くり坊君は、捕まったネズミを見ては「tief schlafen」、深く眠っているんだねと言っています。

前に庭で猫が殺めた野ネズミの死骸を見つけた彼に、とっさに私が「寝てるから起こさないで!」
と言ったことがあって、その姿を覚えているんでしょう。

死ぬとか殺すとか、そういうのは子供に何て説明すればいいんだろうかと、そんなことを
考えるきっかけにもなってる今回のネズミ騒動。


願わくばもう出てこないでほしいけど、春だし、繁殖の季節だし、やっぱ数家族いるのかな。

2017年4月22日土曜日

行って来まして、帰ってきました。



ご無沙汰してます。

思い返せば、今年になってからぶり返してる風邪がずーと長引き、体調不良、特に食欲不振
のまま、3月下旬から日本に帰省してました。

とにかく具合が悪く、全然楽しみじゃなくて、日本でも寝込むことになるのかと思いつつも
なんとか回復し、最終的には楽しい滞在になった、、、、かな???

いや、途中で食欲が戻って来て、暴飲暴食の末、一週間ほど激しくお腹を壊したりしてて、
苦しかった。。。

そんなこんなで今回、連絡さえできなかったお友達の皆皆さま、また今度遊んでくださいなー。



東京の桜が満開の時期に帰ったのは、日本を出てきてから初めてかも。

去年は地方を回っていて、近所の見事な桜並木は結局見れなかったからな。

3月下旬は寒かったけど、やはり春の帰省は良かった。

家族でお花見もできたし。

 
井之頭公園。30分並んでボートに乗ったり。

友達が住む多摩市のなんとか公園。

 今回の帰省は、マー先生も一緒だったんだけど、彼は今日本の大学とあるプロジェクトに
取り込んでおり、平日はずっと仕事をしていて、休みは週末のみ。

なので私は、平日くり坊くんと朝から晩までほぼビッシリ一緒にいることになり、正直言って
それがけっこうキツかった。

あのヤンチャ盛りで、もうすぐ3歳時の有り余るエネルギーは、ドイツでは幼稚園で発散してるけど
日本ではほぼ私が受け皿になる。

幼稚園のありがたさが身に染みたというか。

毎朝起きて、彼のパワーを今日はどこに持ってゆこうか、そんな事を考えることから1日が
始まり、目いっぱい遊んで気付いたら一日が終わってる事が多かった。

しかも、毎日朝から晩まで一緒だからか、坊の「ママ好き好き度」が日に日に濃度を増して行き
ついには「パパ嫌い、あっち行け」で、私としか昼寝しない、夜も寝付けない、という状況に
なってしまい、余計に私の時間もなくなってゆき。。。

ちょっとイライラすることも多かったかな。

行きたかったとこ、会いたかった人、やりたかったこと、見たかった映画などいっぱいあったけど、達成率20%ぐらいってとこでしょうか。

次回は50%を目指そうぞ。

君だよ、君。いきなり道のど真ん中で本を読みだしたりして、母困惑。


毎日がホントにダダダダダダーーーーーと過ぎてゆき、あっという間に1カ月が過ぎていった。

写真もろくに撮ることもなく。。。


最後は同じみ、〆のキャンプ。

奥多摩の先の先の高原へ。

ここでもくり坊のママラブ変てこなテンションがコントロール不能になり、みんなには迷惑かけた。

いつからこんななっちゃったんだろう。
これが俗にゆうイヤイヤ期というやつなんだろうな。

想像以上に、ムカつく (笑)

母よ、落ち着け!!

自分に何度も言い聞かせたっけね。(今でもだけど)


ま、くり坊君も色々慣れない状況で、不安やストレスもあったんだろうな。

だから私に全力で甘えてきて、ことあるごとに愛の告白をして、そして困らせる事をわざとして
心を繋ぎ止めておこうと必死だったのではないかと思うのですね。

そんなのも今だけだと思えば、乗り越えられます。


滞在中の色々は、後程ぼちぼち書いてみたいと思います。



さて


水曜に帰国して、高速道路を走ってると、吹雪に見舞われました。

どうなってんだ、ドイツ。

翌朝自宅で久々の朝を迎えると、窓の外には



チューリップに雪が積もり、もうすぐ5月だというのに、薪を運ぶ日々が始まりました。

そんなんでも、やっぱり我が家が一番落ち着くー。

2017年3月9日木曜日

春なのに


3月から活動期に入る予定が、もう3週間ぐらい具合が悪くて、動けていない。

幼稚園でも家庭でも風邪が蔓延していて、防ぎようがないというか。

誰かが治ったと思ったら、また誰か。。。。

いつ終わるんだろう、このスパイラル。


3月になって1週間も経ってるしー。

何もやってない、何も出来て居ない。

焦るーーー 。



そういえば先日、車を買い替えた。

7年間乗っていた前の車は、機能性のみを追求するマーらしく、メーカー、外観に拘らず
「燃費が良く、走って、丈夫で、尚且つ盗まれなければいい」ということで、なんとわざわざ
バンパーの右コーナが陥没している、だけど性能的には全く問題のない事故車を買った。

一度車を盗まれて痛い目にあったことがあるので、過剰防衛 するのは致しかたなく
盗まれない為のオプションで、事故車を選んだとでも言いましょうか。笑

この辺は東ヨーロッパ諸国の自動車ドロボーがよく入り込んで来る地域で、とくにチェコや
ポーランドの窃盗団は、今日もさらっと車を盗んでは、自国へせっせと運んでいる。

とにかく、我が家の愛車はそんな事故車だったのが幸いしてか、無事盗まれず乗り続けることが
できたのだった。

今回買い替えたのは、けっこう急な話だったんだけど、要は私がゴネたのですね。

車を運転出来たら、やっぱ色々便利だし、いつかやらなきゃと思っていたけど、
マニュアル車を運転する自信も、練習する気力もなく、結局買い替えという選択に。

最初は渋々だったマーも、話がそうと決まれば即行動。

1週間後には目星をつけて、話が出た1か月後にはガレージに新しい車が乗り入れられて
いました。

私は車の事は良くわからないし、メーカーに拘りもないし、ましてやいい車に乗るステイタスとか、
私のプライドはそういう所には全くないので、すべてマーにお任せ。

実際納車されるまで、買うと決めた車を見たこともなかった。
車種は知ってたけど、形とか色とか、全く興味がなかった。

買い替えの願いが叶ったというだけで、十分ありがたやだったのだ。

今回の車はドイツ車で、あの有名なMの方じゃなくて、Aの方。

別にその会社のものじゃなくても良かったんだけど、決め手になったのは燃費の良さというだけで、驚きの100km/3.5L。(ドイツではこういう計算)

なかなかいいのでは。

受け取って初めて気づいて、えええーーー!となったことが、2点。

それは、車が4人乗りだったということと、後部座席がフラットにならないということ。

けっこう大切なポイントだったのにな。確認しない方が悪いよね。

車の見た目は、A社のものだけど完全な大衆車。

色もなんだか中途半端でダッサイ感じで、高級感が全くない。

盗まれるリスクが少ないということも重要なので、この辺はポイント高し。

ちょこちょこ買い物に出かけたり乗り出してるけど、やっぱ車があるといいわー。

目標は、この夏ちょっとふらっとプラハまでーー、みたいな一人旅。

出来たらいいなぁ。

2017年2月23日木曜日

癒しの庭仕事


2月も後半。

凍りついた日々も終わりに近づき、春はもうすぐそこまで。

昨日、今日は10℃ぐらいでとても暖かく、小雨が降る中待ち切れず今年初の庭仕事。




毎週水曜日、くり坊くんは義両親がお迎えに行って、そのまま寝る直前まで帰ってこないので
朝幼稚園に送りに行ってからは、丸1日フリータイム。

こういう時、実家が近いとありがたい。

昨日は午前中からバリバリ働くぞと、張り切って庭に向かうと。。。

            


薪が見事に崩れておった。マーが積んだ薪。

こういう二度手間仕事、大嫌いーーー。

雨が降りそうだったので放置も出来ず、また崩して、積みなおして。

1時間はかかったわ。



気を取りなおして、庭仕事。

掃き掃除して、農機具の手入れをして、土を作ったり、新しい花壇を作ったり。

あっという間に夜になっちゃった。

体いっぱい動かして、いい汗かいて、ご飯美味しくて、夜はグッスリ。
腰が痛くて靴下立って履けないけど 笑

大嫌いな二月の、鬱鬱した気分もスッキリ晴れた。

庭仕事は癒しでもあり、心も体もキリッと整う感じ。

私の新年度は3月から、ということで

鳥さんと共に、活動時期に入ります。